ローファーに関する情報が満載!

とても歩きやすいローファーの靴について説明します

普通の紳士靴に比べると、ローファーの靴はとても歩きやすいようになっています。
この靴の特徴としては、靴のヒール部分の高さがあまり高くなくて、安定した歩行を実現してくれます。
また、本革でできている物の他に、合成革でできている物もあり、合成革でてきている物の場合には、防水加工がされている物も多いので、雨の日でも、とても歩行がしやすいようになっています。
この靴は、歩きやすさの他に、耐久性も高いので、学校の制服の一部として採用されている物もあります。
インターネットなどで、ローファーと入れて検索をすれば、沢山の靴がでてきますが、いろんなメーカーがあるので、まがい物をつかまされないように注意が必要です。
この靴を履いていて、少し歩きにくいと思った場合には、靴屋に行くと専用の靴の中に入れる下敷きが売っているので、その下敷きを利用すれば、歩き方も改善されます。
有名なメーカーのローファーは、それなりに高い価格はしますが、耐久性もとても良く、とても歩きやすいようにできています。

歩きやすいローファー選びのポイント

ローファーはかかとの低い靴の総称のように扱われていますが、もともとは、ノーウィージャン・フィッシャーマンズ・シューズという名で、革靴で紐を結ばない靴、スリッポンと同じですが、日本では日常や普段使いの靴をスリッポン、ちょっとあらたまったビジネスでもフォーマルでも使えるようなという意味で、このタイプの革靴をローファーと使い分けているようです。
その名のとおり、紐がない為に足に合わせて、紐で締めなおす事ができませんので、歩きやすい靴を選ぶには最初のサイズ選びを慎重に、よく考えて購入しなければなりません。
主に革の高級なローファーを扱うお店では、客に用意しておいた厚手の靴下を履いてもらってから、靴の試着をします、特に女性の場合にはストッキングで靴を合わすと、あとから靴擦れなどの原因になりやすいので注意をしてください。
また女性用の場合は、足のつま先部分のかぶりの深いものを選ぶのが歩くには足の負担が軽減されて良いでしょう。

recommend

トイレリフォームを千葉で行う

2018/1/12 更新