ローファーに関する情報が満載!

厚底ローファーが良い理由

学校によっては制服と一緒にローファーも指定されている場合があるかもしれませんが、そうでない場合は歩きやすくて適度に厚底のものを選んでおけば安心です。
なぜなら、厚底のローファーにはメリットが多く、様々な面で活躍してくれるからです。
例えば、普通ローファーといえば革製なのですが、革は水分に弱い性質があり、雨の日や雪の日はあまり履くべきではないとされています。
しかし、学校は雨や雪だけで休校になる事はまずありません。
なので、雨や雪の日でも足元を気にしすぎずに移動できる厚底が役に立つわけです。
どういう事かというと、靴底が厚いぶん水たまりや積もった雪に靴がつかったり埋まってしまう事を防ぐ事ができ、水分に弱い革の部分を水分から守る事ができるのです。
結果、革の状態を良い状態にキープしやすくなります。
さらに、靴底が厚いと身長を高く見せる事ができ、かつ脚を長く見せる事ができますから、スタイルをよく見せたい人にはありがたいデザインです。

" "

厚底タイプのローファーは雨天や未舗装道路の通学にも大変便利

今や女子学生の必須アイテムともなっているローファーですが、戸外におけるあらゆるシーンにおいてこれらの靴が有利という訳ではありません。
例えば雨天時です。
ヒールの厚さがあまり無いこれらの靴での通学において、ちょっと深い水溜まりに足を突っ込んでしまうと、たちまち靴の中やソックスまでがびしょ濡れになってしまうケースも結構あるものです。
元来ゴスロリ系ファッションの一アイテムとして人気が出てきた厚底タイプのローファーですが、現在ではソールの厚さを活かし、水溜まりの多い路面や舗装されていないラフな地面を歩く際に有利なアイテムとして、再び脚光を浴びているのです。
現在人気となっているのは踵が若干高いハイヒールタイプですが、それでも接地面積の大きさから急に走っても転ぶ心配も無く、相当タフな作りとなっています。
厚底となっている分靴自体の重さはノーマルタイプと比べ若干重いのですが、ガンガン履いているうちに次第に慣れ、全く気にならなくなるものです。

Valuable information

東京対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

Last update:2018/8/9